紫外線 肌トラブル

紫外線による肌荒れについて

5年前からのシミについて

 

5年前からほほ骨のあたりと、鼻の上にうっすらとシミが出来てしまったのですが、年々濃くなって今では輪郭のはっきりしたシミになってしまいました。

 

物事をあまり気にしない性格なので、うっすらとしたシミのうちは気にならなかったのですが、はっきりしたシミが毎日目に飛び込んでくると、さすがに気になってしまいます。

 

学生の頃から山登りやジョギングが好きだったので紫外線の浴びすぎが原因かなぁと今になって後悔しています。

 

これからは、鼻の周りを中心にシミ予備軍があるので、これ以上シミが増えないよう紫外線対策を徹底していきたいです。

 

そして、できることなら今あるシミを消してしまいたいです。

 

紫外線による肌荒れについて

出来たシミは消しにくいと聞くので、消えるまでいかないとしても今より目立たなくしたいです。

 

シミが気になり始めて一番に始めた対策はもっちり泡の洗顔です。

 

刺激を与えるのは良くないと聞いたので洗顔フォームは代えずに泡立てネットを使って丁寧にきめ細かな泡をつくり、洗顔をするようにしています。

 

また、洗顔後の手入れとして自家製のパックを3日に一度しています。

 

小麦粉に抹茶、ハチミツを加え、水を混ぜてよくかき混ぜたものを、肌が薄い場所を避けてたっぷり塗ります。

 

20分ほどしてからよく水で流します。

 

シミにどのくらい効いているのかわかりませんが、パックの後は肌の色がぐっと明るくなります。

 

食事はビタミンCを意識してとること、カフェインの多い飲み物は控えめにすること、食物繊維をたくさん摂ることこの3つに気をつけています。

 

極潤ヒアルロン液でお手入れ中です

 

紫外線による肌荒れについて

具体的にいつごろからかはっきりと覚えていませんが自転車通学をはじめた高校生の頃からひどい乾燥肌だと自覚するようになりました。

 

口まわり、おでこ、ほっぺたのあたりから体や背中や手の甲など全てがカサカサでかゆみが出てきます。

 

冬場になると自転車をこいで受ける風のおかげで余計にかゆい上に赤くなってしまい恥ずかしさから隠そうとファンデーションを塗りこみ、近くで肌を見ると粉を吹いているようになってしまいます。

 

また洗顔したあとは肌がつっぱるような感じで少し痛みもあります。

 

すぐに化粧水を塗らないと突っ張り感がとてもひどくなっていきます。

 

歳とともにしわやシミの原因にもなると聞いてとてもこわくなり、うるおい感のあるもちもちとした肌になりたいと思いました。

 

化粧水はとにかく保湿効果に優れているものを選びます。

 

私は安くてたっぷりと使えるものを使用したくて肌研の「極潤ヒアルロン液」を愛用しています。

 

こちらはお値段はお手ごろなのに保湿効果はとてもよくてお肌がモチモチします。

 

少しトロっとしているので塗るときも肌にゆっくり染み込んでいる気がして気持ちが良いです。

 

乾燥肌は食生活や睡眠などの生活習慣が関係していると言われたことがありました。

 

なので出来るだけ野菜や果物、乳製品などいろいろな食材を偏らないように取るようにはしています。

 

でも外食や夜更かし、スナック菓子を食べたりとお肌によくないことがあった日には保湿効果の高いパックをしたり母からスチームのでる美顔機を借りたりして肌をいたわろうと気をつけています。