男性がトランシーノIIを使うと…(体験談)

 

店舗勤務のため、今まで紫外線やシミなどと無縁だったのですが、1年ほど前から妻に顔の右側だけシミがあることを指摘されて、それ以来ひっそりと気にしていました。

 

恐らく通勤の時に受けた紫外線が主で出来たものと思われます。

 

職業柄、シミに効くような商品は沢山扱っていました。

 

そこから私が選んだ商品はトランシーノIIです。

 

トラネキサム酸含有の一類医薬品ではなく、ハイチオールと同成分の3類医薬品の方です。

 

選んだ理由は、ビタミンCが他の商品の2倍(1000?)入っていて、朝晩2回でOK。

 

お昼に飲む必要が無いからです。

 

ビタミンCは、シミに効く成分であるLシステインを動かすための電池のようなものなので、単純に2倍入っていれば早く効くだろうと思い、購入しました。

 

実際飲んでいた感想ですが、飲み忘れの多い昼間に飲む必要が無いだけで、楽々続けられました。

 

肝心の効果については、個人的に2か月目から明らかに薄くなったように感じました。

 

皮膚の入れ替わるための期間(ターンオーバー)は約28日と言われていますが、私の場合、プラス7日程で実感出来ました。

 

左右対称のシミ(肝斑)はメラニンだけの仕業ではないため、トラネキサム酸含有の1類医薬品のトランシーノIIが有効ですが、片頬や目の下のシミには、第3類医薬品のトランシーノII約40日の服用でシミが薄くなりました。

 

 

現在、他に使っているシミ対策商品について

 

トランシーノIIの効果ってどれくらいある?

オバジのC20エッセンスです。

 

予防も兼ねていたのですが、メーカーさんの実験があまりにも衝撃的で思わず購入しました。

 

その実験とは、空のペットボトルに半分ほど水を入れて、そこに茶色のうがい薬(ヨウ素)で色を付けます。

 

ヨウ素と言えば、小学校の頃、理科の実験でじゃがいもに垂らしてデンプンを紫に染めていた色素です。

 

色素なのでヨウ素を入れると、もちろん水は茶色に染まるのですが、そこにオバジのC20を1滴垂らして軽く振るだけで、なんと茶色の水が透明になります!

 

しかもその水に追加でヨウ素を入れても、どんどん透明になるんです!

 

オバジ自慢のピュアビタミンCは色素の透明化に働きかけます。

 

他のメーカーの美白製品でも試しましたが、私が選んだ商品はオバジでした。

 

表面はオバジ、中からトランシーノIIのダブルアタックが成功の秘訣だったのかもしれません。

妊活中にトランシーノ

 

私は不妊治療の為のピルの服用や、ホルモン治療、また流産の経験により、肝斑が急に増えてしまいました。

 

もやもやしていて、境目のよくわからない感じの薄いシミです。

 

それまでは、美容皮膚科のレーザーで簡単に取れていたシミが、肝斑だと適応外だと言われ、クスリに頼らざるおえなくなりました。

 

トランシーノは、私が買った時は薬剤師さんから直接買わなければいけないシステムでした。

 

また、お休み期間も作らなければいけないと聞いて、かなり強い薬なのかと少し心配にもなりました。

 

効果は、正直分かりませんでした。

 

一度普通のシミをレーザーで綺麗にした経験があるので、それと比べると効果を感じにくかったのかもしれません。

 

友人からは、シミが薄くなったとは言われたのでゆっくりじわじわと効果のある商品なのかなと感じました。

 

 

 

今は、秋から翌年の春くらいまで、トレチノインとハイドロキノンで集中的に治療しています。

 

それは、かなりの効果を感じていますが、紫外線の強い時期は向いていないので、今は使っていません。

 

今は、ルミキシルとグライコを併用しています。

 

ルミキシルはハイドロキノンよりも強い効果があると聞いて、信じて使っています。

 

おそらく半年以上使っていると思います。

 

今はそんなに肝斑が気にならないのは、ルミキシルのお陰だと思います。

 

ルミキシルのシリーズでピーリング効果のあるものがあるのですが、それは逆に肌荒れしてしまったので今は使っていません。

 

今は、ルミキシルを塗った後、グライコという弱いピーリング効果のあるものを朝晩塗っています。

 

ルミキシルとグライコの併用で、今はまあまあお肌に満足しています。

 

更新履歴